占いよりあたる!メンタリズム色彩心理学

メンタリズム色彩心理学>たまった疲れ・目の疲れを取る色は?

【たまった疲れをとる色は?】


仕事が忙しく、疲れが中々取れないときは、
ベージュとパステルカラーがお薦めです。

これらの色には、筋肉の緊張をほぐし、
リラックスしてくれる効果があり、
肩こりなどのコリをほぐしてくれる効果が
あります。

特にベージュは、肌と同じ色なので、
安心感と安らぎを与えてくれます。
本能に近い部分に働きかけて、肉体的
精神的に、リラックスさせてくれます。
ベージュの肌着などを着ると、良いでしょう。

又、照明は、蛍光灯より白熱灯が良いです。

【目の疲れに良い色は?】


疲れ目や眼精疲労から来る頭痛に良い色は、
緑です。
緑は、肉体や精神に安らぎを与えリラックス効果
のある色ですが、脳や視神経に働きかけ、
目の疲れや充血を和らげる効果があります。

緑は、視覚で捉えることの出来る、光の波長の
中間にあるため、目が捉えやすい色となっている
からです。

疲れているとき、観葉植物などの自然の緑を見ると、
目だけでなく、体もリフレッシュされていきます。

■疲れ目や視力UPには、人参の効果が高いと
昔から言われています。
http://www.ninjin.biz/index/nin21.html

■牛車腎気丸、八味地黄丸、六味地黄丸は、
老人のかすみ目に効果があります。
●【牡丹皮・薬用効果】アンチエイジング効果のある牡丹皮! 
http://www.botan-e1.net/index/syoyaku2.html

■成長ホルモンを活性化することにより、
肉体も心も若返り、老眼や疲れ目にも効果があります。
10代の健康状態にもどることも可能です!
成長ホルモンで若返る!
●成長ホルモンで若返り! http://www.hghz.net/

■トマトの栄養の中には、ビタミンAも含みます。
ビタミンAの健康効果は、主に目の健康維持です。

●トマトのビタミンAで免疫力UP  (トマトランド)
http://www.tomato-land.net/index/tomato19.html



相互リンク集

  • リンク募集中
  • ↑ PAGE TOP